TOP > 神奈川支部からのごあいさつ

神奈川支部からのごあいさつ

矯正歯科医会神奈川支部へようこそ

 公益社団法人日本臨床矯正歯科医会は、全国で500名近い会員を有する、日本で唯一の矯正歯科専門開業医の団体です。私たち神奈川支部は、神奈川県内ならびに町田市で開業している矯正専門開業医の集まりです。

 矯正専門開業医とは矯正治療だけを行い、虫歯や入れ歯の治療は行なわない歯科医師です。矯正歯科治療には専門的知識と経験が必要です。そのため、日本矯正歯科学会は、認定医や専門医という資格制度を設けています。認定医資格を取得するには、歯科大を卒業した後も研修医を含めて最低6年間は矯正歯科臨床研修を受け、試験に合格しなければなりません。専門医の資格は、さらに高いレベルの制度として2006年創設されました。しかし、認定医や専門医の試験に合格しなくても歯科医師免許さえあれば「矯正歯科」の標榜(看板)を出せるのも事実です。

専門開業医の中でも私たち会員は、患者さんのことを第一に考えた医療を提供し、安心して治療にかかれるように心がけています。たとえば、矯正治療は長期にわたる管理が必要です。その間に転居や進学等で通院が難しくなっても、診療所を移る際の料金精算・継続診療システムが確立されています。また、私たちが怪我や病気で入院しても患者さんの治療が滞らないよう、皆で助け合う治療継続支援システムも充実しています。さらに自己研鑚のために定期的に症例発表も義務づけております。
日本臨床矯正歯科医会 神奈川支部支部長 宮川泰郎  特に神奈川支部は日本一活動的な支部で、矯正治療に関する正しい情報を市民の皆さんに提供するために本を出版し、市民セミナーを年に1回県内各地で開催しています。それも今年で14年目を迎えました。学会発表も積極的に行い、全国に向けて情報を発信しています。さらに、衛生士などのスタッフ教育も支部全体で取り組んでおり、患者さんに良質な医療を提供できるよう努めています。
 矯正治療は開始時期や内容も個人によって異なります。治療に関する疑問や質問がございましたら、どうぞ安心してかかれる本会員にご相談ください。

日本臨床矯正歯科医会 神奈川支部
支部長 宮川泰郎